車に関するコラム

車 買取 事故 | 事故車・修復歴有でも高値で売れる可能性有!

更新日:

高値で買取させる方法

中古車を高値で買取してもらうには、買取実績の大きな会社に買い取ってもらう必要があります。

つまり、以下の内容を実践する必要があるのです。

  • 中古車買取の最大手を利用
  • 限界まで高値を出してもらう

しかし、最大手の買取店ではアプローチ方法を間違えると逆に安くなってしまうリスクもあるのです。

そこで!交渉に自信がない方でも、自然と高額査定をさせる方法をご紹介いたします。

>>向こうから査定額を上げさせる方法

車 買取 事故車

事故車でも、思った以上に高く買取ってくれる場合があると教えてもらいました!

その証拠が…こちら

事故車専門で中古車の買取をしている業者がありまして、普通の中古車買取業者に依頼するよりか、高値がつく可能性があるそうですよ!

これは、車種による所が結構大きかったりするそうなのですが(業界に勤める友達談)、一般の中古車買取業者だけに見積もりを依頼するよりかは可能性のある話ではあるそうなんですね。

事故車の処分や売却の方法を探していらっしゃる場合は、「事故車買取専門店に査定の依頼をする」ということは、いくつかある選択肢の中から外せないと感じましたので、まずはシェアさせて頂きました。

車 買取 修復歴

事故車に関する情報を調べていまして「ややこしいなぁ…」と感じたのが、「事故歴と修復歴の違い」でしたので、修復歴や事故歴に関することをまとめてみました。

修復車(修復歴車)とは?

・事故の有無に関係なく、車の大切な骨格にあたる部分(具体的にはフレーム・クロスメンバー・インサイドパネル・ピラー・ダッシュパネル・ルーフパネル・フロア・トランクフロアなど)を何らかの理由で、修復(修理)や部品の交換をした歴のある車

のことを修復車(修復歴有・修復歴車)と呼んでいることが分かりました。

かみ砕いてまとめる、事故歴有よりも、修復歴有の方がヤバい、という感じです(笑)

 

修復車(修復歴車)にならない場合

大切な骨格にあたる箇所からボルトではずれてしまう部品は、取り換えても修復修復車(修復歴車)にならないとのことでした!

具体的には…

・バンパーやフェンダー(フロント)
・フロントウィンドウ、リアウィンドウ
・ドア
・エンジン(載せ替えを含む)
・全塗装(カスタムペイントを含む)

こういった箇所の修理や取り換え(交換)は、修復車(修復歴車)にあたりませんでした。

 

修復の実情

修復歴がつくような修理というのは、車にとってはかなり命を握っている部分なので、「ミリ単位のズレも気にしながら、かなり精巧に修正」されていくようなんです。

でも、僕らの感覚からしたら「いくら修理が精巧だからって、事故ってる車にわざわざ乗る気しないな~」となる場合が多いですよね…!(多いですよね!?)
=
「売却で査定をお願いしたら、査定額は下がって当然だよね~」という、買い手と売り手の共通認識が出来てしまいます…!

ここで海外に目を向けると、価値観は僕ら(日本人)と違うようでして、日本の技術力を持って精巧に修復された車は、評価が落ちることなく、元々人気のある車などは、そのまま高値で取引されているようなんです!

ということで、事故車の買取の実情として…

事故車や修復車を売却しようとする方が「事故ってるし、高く売れる訳ないなぁ」と思っている心情に付け込んで安く買取って、評価の高い海外で売ってしまうという実状があるようなんです。

=

そのため、冒頭でもご紹介させて頂いたように事故車(修復歴有の車)でも高く買取ってもらうことは、良心的な買取業者を見つけられたら本当に可能だという事を教えてもらいましたので、シェアさせて頂きます!

車 買取 事故歴

事故歴とは、些細な事故(よくあるのは、バンパーを擦ってしまった…!)というものは、事故歴有=事故車ではあるけれども、修復歴有ではないんですね。

査定時に潜むワナ

仮に、一般の中古車買取業者の査定士に、実際に査定をしてもらっていると仮定します。

比較的軽い事故の場合でも、例えばドアを交換したような過去があると、

「事故でドアを交換してしまっているので、これは事故車ですね~」と査定士が言ってきたとします。

その時に「やっぱりそうですよね、ドア交換で修復していますので…」的な返しをしてしまおうものなら、査定士の思うツボだそうなんです…!

なぜかと言いますと、中古車買取業界の中では事故車=修復歴車という認識だそうでして、査定士はここのややこしい感じを知らない売り手には、「事故車(修復歴有)なんだから、査定は下がってしまいますよ。」ということを認めさせながら、出来るだけ安く買取る→そして海外で高く売り飛ばす、という方程式へ持っていこうとするそうなんです…!

この時に「ドアは交換しているんですけど、ピラーにまでは影響していないので修復歴にはなりませんよ。」的な返しがひと言付け加えられると、それだけで査定額を下げてしまうことを防げますので、「査定時に潜むワナ」としてシェアさせて頂きます…!

車 買取 事故車 査定

僕の説明ベタな所があったら「ごめんなさいm(_ _)m」なんですけど、ここで書かせて頂いたことから、

・事故車、修復歴有でも車種によっては高値で買取って貰える可能性は十分にある

ということが伝わりましたら、ぜひ諦めずに、冒頭でおすすめさせて頂いた「事故車買取専門店」に見積もりを出してみたり、無料一括査定などを利用して、良心的な査定をしてくれる業者を見つけてみるなどしてみると、少しでも手元に残るものが多くなりますので、ぜひご活用頂ければと思います!

少し長文になりましたが、最後までお読み頂きまして
ありがとうございました!

   

車の買取オススメ度ランキング!

1位:カーネクスト

カーネクストは廃車買取がメインですが中古車の買取も行っており、数少ない海外への輸出販路を所有している買取業者の1社です。そのため、車種によっては日本国内での買取よりも何十万も高額で買取ができる可能性を秘めているので、基本的にはガリバーとの同時並行査定がオススメです。なお、カーネクストの場合は訪問査定がないので、すぐさま査定が可能です。

2位:ガリバー

2位はダントツの安定感のあるガリバーです。最大手だけあって、その実績と安心感は群を抜いて高いです。買取価格に関してはズバ抜けて高い訳ではありませんが、安定した金額ですので、比較的状態の良い車をお持ちの方にはオススメです。ただし、高額査定にはコツが必要ですので、「詳細ページ」にてそのコツを確認しておきましょう。

3位:グー買取

第3位は、ツートップには及びませんが、実績も企業規模も十分と言えるgoo買取です。gooバイクなどでも活躍されている会社で信用度も高く、営業電話もない会社です。(訪問査定はあります)

-車に関するコラム

Copyright© Car Life Summary , 2020 All Rights Reserved.