【中古車買取ランキング】この布陣で攻めれば、最高額査定が可能!

現在持っている車を中古車として買取に出す場合、出来るだけ高値で査定してくれる売りたいと思われるでしょう。

しかし、実際の査定では売ろうとしている車と査定を行う業者との相性などの関係から、なかなか思うように査定額が伸びない事が多いです。

そこで、ここではどのタイプの車であっても、最高額の査定を出せる方法をご紹介いたします。

査定額が高くなる業者

まずは、査定額が高くなる要素を持っている業者の条件についてご紹介しておきましょう。

ただし、査定額が高くなる要因は冒頭でもご紹介の通り様々な条件によって左右されますので、考えうる条件毎に見ていきましょう。

一般的な条件の車

まずは、中古車買取を検討されているほとんどの方が該当するであろう一般的な車の場合について。

普通自動車でなおかつ年式も走行距離もそこそこの車がここには該当します。

こういった車に関しては、無難に中古車買取の大手であるガリバーなどに依頼される方法がベストでしょう。

中古車買取においては、買取金額と再販時の値段設定の差額が利益になるビジネスモデルとなっていますので、買取金額を高くできる条件としては、薄利多売ができる、すなわち取引実績が多い業者である必要があるのです。

そうなると、必然的に中古車買取の実績が多い大手企業に依頼された方が、高額査定に繋がるのです。

輸出に強い車

2つ目の条件としては、輸出に強い車についてです。

この車というのは時期によって人気車種が異なりますので、一度査定に出してみないと自分の車がそのタイミングで高額査定に繋がるかは判断できないものですが、もし該当する車である場合は日本の中古車買取市場での相場よりも何十万円も高い金額になる可能性を秘めていますので、高額査定を目指すのであれば無視できないジャンルでしょう。

ただし、この条件のネックとしては、海外への輸出販路を持っている業者が少ないという点にあります。

今であれば、カーネクストの中古車買取が海外販路も含めた査定が可能となっていますので、ガリバーなどの中古車買取の大手と並行して同時に査定依頼を出されると時間の短縮にも繋がるでしょう。

カーネクスト公式サイト

カーネクストは訪問なしで査定が可能ですが、ガリバーは訪問査定が必要です。

低年式&多走行の車

もし、中古車買取として売りたい車が低年式(古い車)で、走行距離が10万キロ越えの多走行車だった場合についても見ていきましょう。

この場合は、中古車市場としては需要がかなり少ない部類に入ってしまいますので、ガリバーなどの大手でもなかなか値段がつかないケースがほとんどです。

例外

なお、ビンテージ系などのレトロ感を売りにしている車の場合は、逆に値段が跳ね上がる事がありますが、基本的にそういった車を持っている方はその車の価値を把握されているでしょうから、ここでは割愛いたします。

そういった希少価値のある古い車ではなく、一般的に出回っている車の場合は残念ながら中古車買取店では値段がつかない事が多いので、逆に廃車買取業車に売ってしまった方がかえって高くなる事がありますので、中古車ではなく廃車として方向転換が必要でしょう。

なお、廃車買取業車に依頼される場合は、手数料が完全に無料で、廃車にする事で受け取れる自動車税の還付金を返してくれる業者を選びましょう。

この条件をクリアできる廃車買取業車はいくつか存在しますが、探すのが面倒な場合は廃車買取も行っているカーネクストに任せておけば、中古車としての査定も廃車としての査定も可能ですので、一石二鳥と言えるでしょう。

 

基本的には2社以上、可能であれば3社に査定依頼

では、上記を踏まえて具体的にどのように査定の依頼を行うかをご紹介いたします。

基本的には以下の手順で中古車買取が進んでいく事になります。

  1. 査定申込
  2. 査定開始
  3. 査定額の提示
  4. 納得できれば契約
  5. 車の引き取り

絞りすぎずに複数で競わせる

高額査定を狙うのであれば、1社だけに査定の依頼を行うのは危険です。

前述でご紹介の通り、それぞれの業者ごとに高額査定が可能な車の条件が異なりますので、とにかく高値を狙うのであればガリバーとカーネクストの2社に関しては外す事は出来ないでしょう。

ただし、ガリバーでの査定に関しては、競合他社との価格競争を起こした方が、最後のダメ押しで査定がつり上がる可能性がございますので、可能であれば上記の2社に加えてもう1社を査定候補に加えるべきでしょう。

ここでのオススメは、査定後に営業の電話がないgoo買取がオススメです。

また、こちらでご紹介していますが、ガリバーへの査定は一番お勧めではありますが、査定の順番としては一番最後に申し込みされる事をお勧めいたします。

ガリバーの中古車買取の査定について。低評価が多いけど活用方法次第で超お得に!

中古車買取店でもかなり有名どころであるガリバーさん。 このサイトではイチオシの業者として紹介しているのですが、ネット上の口コミなどを見るとかなり評価が低いことが伺えます。 では、実際のところガリバーさ ...

続きを見る

一括査定は要注意

複数社に査定を行う場合、「いちいち申込をするのが面倒だから一括査定のサービスに申込をしよう」と考えられる方もいるでしょう。

しかし、その方法に関してはオススメはできません。

というのも、一括査定で申込をしてしまった場合、1週間は着信地獄に見舞われる事になるのです。

それもそのはず、一括査定ですので自分の情報と車の情報が一斉に各社に送信される事になりますので、そのサービスに加入されている全社が電話をかけてくる事になるのです。

しかも、一括査定であることを業者側も把握されていますので、車の買取権利を他社に取られまいと通常の単体査定の時以上に頻繁に電話をかけてくる事になるのです。

そうなってくると、電話に出る側としてもどの金額がどの会社のものだったか、何日の何時にどこの会社が査定に来るのかなど対応に追われてしまい、最終的に気疲れから査定に来た1〜2社で諦めて契約してしまうのです。

 

どのタイプの車でもこの3つの査定で大丈夫

以上のことから、中古車の買取には上記でご紹介した2社(または3社)に査定を出しておけば、どのタイプの車であっても隙間なく高額査定ができるジャンルを当てる事ができるでしょう。

実績多数で薄利多売が可能なガリバー、海外への輸出で高額査定が可能なカーネクスト(廃車も対応可能)、ガリバーの査定額つり上げとしても役に立つ第3の大手買取業社(goo買取など)。

もし、個人的に依頼して見たいと思う買取店が決まっていない場合は、この3つの業者に査定依頼をすれば基本的に高額査定を逃す事はないでしょう。

査定申し込みの順番

  1. カーネクスト(一発逆転狙い)
  2. goo買取(ガリバー増額の要)
  3. ガリバー(本命は最後に)

 

車の買取オススメ度ランキング!

1位:ガリバー

一位はダントツでガリバーです。最大手だけあって、その実績と安心感は群を抜いて高いです。買取価格に関してはズバ抜けて高い訳ではありませんが、安定した金額ですので、比較的状態の良い車をお持ちの方にはオススメです。ただし、高額査定にはコツが必要ですので、事前に確認しておきましょう。

2位:カーネクスト

カーネクストは廃車買取がメインですが中古車の買取も行っており、数少ない海外への輸出販路を所有している買取業者の1社です。そのため、車種によっては日本国内での買取よりも何十万も高額で買取ができる可能性を秘めているので、基本的にはガリバーとの同時並行査定がオススメです。なお、カーネクストの場合は訪問査定がないので、すぐさま査定が可能です。

3位:グー買取

第3位は、ツートップには及びませんが、実績も企業規模も十分と言えるgoo買取です。gooバイクなどでも活躍されている会社で信用度も高く、営業電話もない会社です。(訪問査定はあります)

更新日:

Copyright© Car Life Summary , 2019 All Rights Reserved.