コツ

自動車買取の査定に影響するポイント。買取額UPの為に押さえるべき点

投稿日:

自動車を買取に出す場合、出来るだけ高値で売れて欲しいと思われる事でしょう。

そう考えると、査定員が実際に車のどう言った部分を見て判断しているのか、事前に把握する事で有利に進める事が可能となります。

そこで、ここでは中古車の買取の査定ポイントについてご紹介いたします。

高値で買取させる方法

中古車を高値で買取してもらうには、買取実績の大きな会社に買い取ってもらう必要があります。

つまり、以下の内容を実践する必要があるのです。

  • 中古車買取の最大手を利用
  • 限界まで高値を出してもらう

しかし、最大手の買取店ではアプローチ方法を間違えると逆に安くなってしまうリスクもあるのです。

そこで!交渉に自信がない方でも、自然と高額査定をさせる方法をご紹介いたします。

>>向こうから査定額を上げさせる方法

査定額に影響を与えるポイントは全部で3カテゴリー

それでは早速、実際に中古車を買取店に出す際に、査定額に影響を与えるポイントについてご紹介いたしましょう。

そのポイントは複数存在しており、カテゴリーで分けると以下の3つのカテゴリーに分ける事ができます。

査定額に影響を与える3つのカテゴリー

  • 車自体の状態
  • 書類関連
  • 査定を行っている状況

パッと見だけはどういった内容なのかを判断できないでしょうから、それぞれのカテゴリー毎に詳細を見ていきましょう。

 

車の状態は査定額に大きく影響する

まずは、一番査定額に響くであろう「車の状態」についてご紹介しましょう。

これは多くの方が気にされている部分かと思いますが、具体的に査定員はどこを判断基準としてみているのかまでを把握されている方は少ないでしょう。

逆に言えば、査定ポイントを事前に確認しておき、査定前に改善しておく事で査定額をあげることも可能なのです。

車の年式

まずは車の年式です。

実質、車の買取額のベースが決まる要因の一つとして、車の年式が確認されますが、こればっかりはこちら側の努力ではどうすることも出来ませんので、この部分はスルーしておきましょう。

ヒロシ
気にするだけ無駄です。

走行距離

車の買取額のベースとなる要因の2つめとしては、走行距離が重要になります。

この部分に関しても、走ってしまったものは元には戻せませんので、諦めるしか無いでしょう。

車の外装

ここからが、自力で対策できる可能性があるポイントとなります。

その一つ目としては車の外装が挙げられます。

ボディーに傷や凹みがないかどうか、泥が被りっ放しだったりテープ痕や虫が潰れたままになってないかなどをチェックされます。

傷や凹みに関しては素人が無理に手を出すとかえって悪化する可能性がありますので、手を加えるとするのであれば清掃のみですので、査定前には洗車をして綺麗にしておきましょう。

それだけでも、「普段から手入れされている車」と好印象を与えるきっかけにもなるでしょう。

車の内装

外装の次に内装も査定の際に見られるでしょう。

特にタバコの匂いなどは減額対象になりますので、普段から匂いには気をつけておく必要があります。

また、シートに破れや汚れがないかどうかもチェックされますので、汚れに関しては事前に取り払っておくようにしましょう。

エンジン周り

実際に査定時にエンジンをかけて、エンジン音やその動作などをチェックされる事があります。

ただ、エンジン周りに関しては、自力で触れる部分は限られていますので、オイル交換などのみ事前に行うようにしておきましょう。

ヒロシ
特にオイルレベルゲージを確認した際に、オイルが真っ黒になっている場合は交換しておかないと、かなり印象が悪くなります。

タイヤの溝

意外と見られるのが足回り、特にタイヤの溝です。

当然、溝が深ければ深いほど査定額UPにつながりますが、査定額のためだけにわざわざタイヤの履き替えを行うのは、費用対効果的によろしくないので、放置しておきましょう。

ただし、もし替えのタイヤを持っている場合は、履き替えた方が査定額はアップしますので、車に積載されているであろうジャッキ等で履き替えされる価値はあるでしょう。

カスタムされているか

車好きの方の中には、愛車をがっつりカスタムされている方がいます。

そういった車は、カスタムパーツなどにかなりの金額を投資されているでしょうが、残念ながら買取査定時には純正品パーツの方が高値をつけてくれる可能性は上がります。

なので、もし純正パーツを廃棄せずに保管されている場合は、付けなおす事で現状よりも査定額を上げる事が可能になるでしょう。

 

車体で見られるポイント

  • 年式
  • 走行距離
  • 外装
  • 内装
  • エンジン周り
  • タイヤの溝
  • カスタムの有無

 

書類の有無も査定額に影響

書類

意外と知られていませんが、売りに出す車に関する書類が不足している場合も、買取査定額が下がってしまう要因になり得るのです。

車以外の商品でも中古で売る際に、説明書や外箱がないと値段が落ちてしまうのと同じ原理と考えるとイメージしやすいでしょう。

取扱説明書

書類の一つとしては、車の取扱説明書が挙げられます。

基本的に車のダッシュボードに保管されている方が多いのですが、稀に車内清掃の際に不要だからという理由で捨ててしまう事があるのです。

そうなると、車であろうと備品が欠けてしまっている欠品状態となりますので、買取額が下がってしまうのです。

定期点検整備記録簿

2つ目の書類としては、定期点検整備記録簿といわれる書類で、その文字の通りに定期点検の整備内容を記録している書類のことを指します。

これがあると、どの部分を点検して、整備交換された履歴を確認できますので、中古車を買い取る側としては安全性を証明できる物として大きな判断材料となる書類です。

なので、可能な限りこの書類がある状態で査定に出したいところです。

 

書類で見られるポイント

  • 取扱説明書
  • 定期点検整備記録簿

 

査定を行う状況でも買取額に影響を与える

最後のカテゴリーとしては、査定を行う状況が影響してきます。

この状況という内容には、以下の2つの要因が影響を与えることになります。

査定を行う時期

車を手放す人は、1年を通して均等にバラけている訳ではなく、実は自動車税の関係で1〜3月にかなり多くの方が車を手放されるのです。

これに伴い、買取業者側も無理に査定額を上げなくても、勝手に買取契約が成立していく状況が続きますので、新年〜3月末までは買取に出したとしても査定額を上げにくい時期なのです。

なので、もし買取に出す時期などが未定であれば1〜3月の査定は控えるようにする事で、査定額を上げやすい環境を整えることは可能となります。

査定に出している会社の数

2つ目の要因は、査定を1社に絞って申込しているのか、それとも複数社に査定を申込しているかどうかという点です。

買取店としては余程ヒドい車でなければ、基本的には車の買取を行いたいというスタンスですので、複数社で検討されている客に対しては初手から高値での提示をしてくれる可能性が高まるのです。

もちろん、買取を行っても利益が出せる範囲での高値とはなりますが、粘って査定額の吊り上げを行う必要がなくなりますので、さっさと決着を付けたい場合にも複数査定はかなり有効です。

 

査定額に影響を与える状況

  • 査定申込の時期
  • 複数社に査定を出しているかどうか

 

査定のポイントを把握して中古車買取を有利に!

以上のことから、自動車の買取のポイントを押さえる事で、何の準備もなしに査定に挑むよりも有利に査定に挑む事ができるようになるでしょう。

ただし、記事中にも記載している内容ですが、何事もやり過ぎには注意が必要です。

特に「車の状態」に関しては、無理に自力で修理しようとして元の状態よりも悪くなったり、査定額UPの為に修理業社に持ち込んだところで、その修理費用以上の査定額UPは望めませんので、潔く諦める部分に関してはキッパリと切り捨てましょう。

もし、これから車の買取の査定に挑もうと思われている方は、ぜひこの記事の内容を参考にしていただければと思います。

   

車の買取オススメ度ランキング!

1位:カーネクスト

カーネクストは廃車買取がメインですが中古車の買取も行っており、数少ない海外への輸出販路を所有している買取業者の1社です。そのため、車種によっては日本国内での買取よりも何十万も高額で買取ができる可能性を秘めているので、基本的にはガリバーとの同時並行査定がオススメです。なお、カーネクストの場合は訪問査定がないので、すぐさま査定が可能です。

2位:ガリバー

2位はダントツの安定感のあるガリバーです。最大手だけあって、その実績と安心感は群を抜いて高いです。買取価格に関してはズバ抜けて高い訳ではありませんが、安定した金額ですので、比較的状態の良い車をお持ちの方にはオススメです。ただし、高額査定にはコツが必要ですので、「詳細ページ」にてそのコツを確認しておきましょう。

3位:グー買取

第3位は、ツートップには及びませんが、実績も企業規模も十分と言えるgoo買取です。gooバイクなどでも活躍されている会社で信用度も高く、営業電話もない会社です。(訪問査定はあります)

-コツ

Copyright© Car Life Summary , 2019 All Rights Reserved.