カーナビパーツ

コツ

買取の時に車のパーツをどうするべきか考えてみた。

投稿日:

買取に出そうと考えている車に色々とパーツを付けている場合、そのパーツを付けたままで売るべきかどうか悩み所となるでしょう。

実際、そのパーツ次第で査定額が変動する可能性もございます。

そこで、ここでは車の買取時のパーツの扱いについてご紹介しようと思います。

高値で買取させる方法

中古車を高値で買取してもらうには、買取実績の大きな会社に買い取ってもらう必要があります。

つまり、以下の内容を実践する必要があるのです。

  • 中古車買取の最大手を利用
  • 限界まで高値を出してもらう

しかし、最大手の買取店ではアプローチ方法を間違えると逆に安くなってしまうリスクもあるのです。

そこで!交渉に自信がない方でも、自然と高額査定をさせる方法をご紹介いたします。

>>向こうから査定額を上げさせる方法

パーツによって査定の評価は異なる

パーツの取り扱いについてですが、前提としてパーツの内容によって車の買取査定額に影響を与えるかどうかは異なります。

まずは、この点についてご紹介いたしましょう。

純正パーツの場合

まずは、買取に出す車のメーカーオプション、すなわち純正オプションの場合は、当然査定額の増額に貢献する事が出来るでしょう。

このメーカーオプションの特徴としては、パーツのみの販売は行っておらず(中古はあります)、取り付けに関しても基本的には新車購入時に注文する事で車の組み立て時に取り付けられるものとなっています。

つまり後付けができないパーツがほとんどですので、そういったパーツがついている車は自然と希少価値が上がるので、その分査定額が上がりやすくなるのです。

なお、メーカーオプションではなく後付け可能なディーラーオプションの場合は若干の査定額アップに繋がりますので、この場合もパーツを付けたまま売りに出すと良いでしょう。

市販パーツの場合

次に車の購入時に用意・装備する事になる市販のパーツについて。

これについては、そのパーツ自体がよほど高価なものであれば、多少の査定額アップは望めますが、やはり純正オプションほどの価値を加味してくれる事は少ないので、取り外しても走行に問題がない場合は取り外して、自分でパーツ単体で売却した方が手取りは多くなるでしょう。

ただし、取り外しに工賃がかかり、その費用がパーツ売却で入ってくる金額よりも高い場合は結果的に損になるので、パーツは付けたまま車の売却を行いましょう。

自作パーツについて

3つ目のパターンとしては、自作のパーツを付けている場合です。

ヒロシ
最近流行りの車内DIYなどが該当しますね!

この場合は、高確率で逆にマイナス査定に繋がってしまいますので、出来る限り綺麗に取り外しする様にしましょう。

また、痛車と呼ばれるステッカーや塗装に関しても同様です。

ただ、こういったものは簡単には元に戻せないので(気持ち的な意味ではなく、物理的に)、減額覚悟でそのまま査定に出すしか方法はないでしょう。

ヒロシ
ちなみに、ボディの大部分にステッカーや塗装を施している場合は、事故車扱いとなりますので、事前に気持ちの整理をしておきましょう。

 

車の状態や依頼する業者でも対応を変える

上記でパーツ毎で状況が変わってしまう事をご紹介しましたが、実は他にも対処法を変えなければいけなくなる条件があります。

それは買取に出す車の状況であったり、買取(査定)を申し込みする業者といった要因が関係しているのです。

高年式で中古車買取に出す場合

一つ目の条件は、売りに出す車が高年式(比較的新しい車)で、なおかつ状態の良い車だった場合です。

そういった好条件の車の場合は、買取は買取でもガリバーなどの中古車買取を専門としている業者に頼まれた方が高値で買取を行ってくれるでしょう。

ガリバーの中古車買取の査定について。低評価が多いけど活用方法次第で超お得に!

中古車買取店でもかなり有名どころであるガリバーさん。 このサイトではイチオシの業者として紹介しているのですが、ネット上の口コミなどを見るとかなり評価が低いことが伺えます。 では、実際のところガリバーさ ...

続きを見る

そして、これに該当される方は、上記でご紹介したパーツごとの対応方法で問題はありませんので、ご安心ください。

低年式で廃車買取業者に出す場合

二つ目の条件としては、それなりに乗り潰した感のある低年式車(古い車)で、走行距離も10万キロに近い数値になっている場合です。

こういった車の場合は、下手に中古車買取店などに出されても、思う様に査定額が上がる事は少ないばかりか、廃車にしか出来ないと判断されると逆に費用がかかってしまう可能性があります。

なので、初めから廃車買取業者に出した方が、返って中古車買取よりも高値で売れる事につながります。

もちろん、カーネクストの様に廃車の費用が完全に0円で設定されている業者であれば、マイナスになる事は100%ないので、安心して任せる事が出来るでしょう。

ヒロシ
カーネクストは廃車買取も中古車買取も両方対応可能な業者だから、かなり使い勝手は良いですよ!

そんな車の場合は、残念ながら純正などに関係なくパーツが査定額に響く事は少ないでしょう。

厳密に言えば、パーツ自体にも価値をつけてくれるのですが、そのパーツの取り外しなどにかかる人件費で相殺される程度ですので、結局は±0円となりパーツの有無に査定額が左右されないという状況になるのです。

なのでこの場合は、自走できる状態を保てるレベルまでパーツを外して、自分で売却してしまった方が手元に残るお金を多くする事が可能となります。

高年式で廃車の場合

なお、例外的な内容になりますが、高年式で廃車を行う様な状況も存在します。

例えば、買ったばかりの車で盛大に事故を起こしてしまった場合です。

こういった場合は新車同然でも廃車にする事になるのですが、事故による損傷が及んでいない純正パーツや部品に関しては、高年式車という事でかなり需要があるのです。

よって、事故車であってもかなり高値で買取をしてくれるので、この場合に限りパーツはそのままで査定に出す様にしましょう!

 

自分でパーツを売れる場所

それでは最後に、パーツを取り外して自分で売るとなった場合に、どういった場所で売れるのかという部分についてご紹介いたしましょう。

とは言っても、基本的には以下の2つのどちらかになるかと思います。

パーツ単体を売る方法

  • 個人間で売る
  • パーツ買取店に出す

個人間でのパーツ売買

まずは、手間はかかりますが、一番高値で売れる可能性を秘めている個人間でのパーツ売買です。

有名どころであれば、ヤフオクやジモティー、メルカリなどで個人でも車のパーツの出品が可能となっています。

個人間での売買となりますので、多少のリスクはありますが、これらのプラットフォームでの出品に慣れている方は利用してみるのも一つの手でしょう。

個人間売買のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • とにかく一番高く売れる
  • 買い手が付かない場合がある
  • パーツの送料がかかる
  • やり取りする上でトラブルになる事も
ヒロシ
手間はかかりますが、とにかく高く売る事を目的にする場合にオススメです!

パーツ買取専門店で売る

次にパーツ買取を専門としているお店で、パーツ単体の買取を行ってもらう方法です。

有名どころで言えば、UP GRAGEジェームズアイパーツなどがパーツ買取を行うお店として挙げられます。

この方法では、当然パーツ買取店は再販により利益を出すというビジネスモデルのですので、自分で売買するよりも安くなる可能性が高いです。

が、とにかく持ち込みを行えば買取をしてもらえますので、金額よりも直ぐに買取を行ってもらいたい場合に向いている方法となります。

パーツ買取専門店のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 持ち込めばその日の内に売れる
  • 手間は持ち込みするだけ
  • 個人売買よりも安くなりがち

なお、店によっては、持ち込み以外にも郵送での買取に対応している業者もいますので、近隣に店舗がない場合でも買取に出す事が可能となります。

 

まとめ

以上が、車の買取の際にパーツをどうするべきかについてのご紹介となります。

車の買取の依頼先であったり、車の状態、パーツの種類によって最適な方法が異なりますので、この記事を参考に可能な限り手元に多くのお金が残るように対応していただければと思います。

 

   

車の買取オススメ度ランキング!

1位:カーネクスト

カーネクストは廃車買取がメインですが中古車の買取も行っており、数少ない海外への輸出販路を所有している買取業者の1社です。そのため、車種によっては日本国内での買取よりも何十万も高額で買取ができる可能性を秘めているので、基本的にはガリバーとの同時並行査定がオススメです。なお、カーネクストの場合は訪問査定がないので、すぐさま査定が可能です。

2位:ガリバー

2位はダントツの安定感のあるガリバーです。最大手だけあって、その実績と安心感は群を抜いて高いです。買取価格に関してはズバ抜けて高い訳ではありませんが、安定した金額ですので、比較的状態の良い車をお持ちの方にはオススメです。ただし、高額査定にはコツが必要ですので、「詳細ページ」にてそのコツを確認しておきましょう。

3位:グー買取

第3位は、ツートップには及びませんが、実績も企業規模も十分と言えるgoo買取です。gooバイクなどでも活躍されている会社で信用度も高く、営業電話もない会社です。(訪問査定はあります)

-コツ
-,

Copyright© Car Life Summary , 2019 All Rights Reserved.