コンパクトカー

ザ・ビートルの値引き!VWビートルは競合車がありません…!

更新日:

かわいらしいフェイス&フォルムから、女性に根強い人気があるVWビートルですが、走る楽しみがあるという事で男性にも人気がある車種となっています。

今回は、そんなVWザ・ビートルの値引き情報についてまとめてみます。

高値で買取させる方法

中古車を高値で買取してもらうには、買取実績の大きな会社に買い取ってもらう必要があります。

つまり、以下の内容を実践する必要があるのです。

  • 中古車買取の最大手を利用
  • 限界まで高値を出してもらう

しかし、最大手の買取店ではアプローチ方法を間違えると逆に安くなってしまうリスクもあるのです。

そこで!交渉に自信がない方でも、自然と高額査定をさせる方法をご紹介いたします。

>>向こうから査定額を上げさせる方法

実際のビートルの値引き情報

ザ・ビートル 値引き レポート

フォルクスワーゲン・ビートルは、「競合車と比較しても、値引き交渉にあまり影響しない」という所がレポートや相場情報からも見えてきます。

そんなビートルを実際に値引きしたという情報の詳細について、ご紹介いたします。

実際にビートルを交渉された方の値引きレポート

それでは早速、実際にザ・ビートルの値引き交渉をされた方のレポートをご紹介させて頂きます。

ヒロシ
便宜上、Vさんとしてご紹介させて頂きます。
  1. Vさんは、ビートル1本狙いだった
  2. 初回見積もりを提示してもらうと、値引きに関しては「ゼロ」だったので一旦帰宅
  3. 後日、再び奥様を連れてディーラーへ試乗したのち、再度見積もりを依頼する
  4. その際に、ある程度予算が限られているので「値引きが出来るなら、もっと前向きに検討したい」と伝える
  5. そこで再度見積もりを取ってもらうと、
    ビートル車両本体値引き額:10万円
    オプション値引き額:10万円
    →総値引き額20万円が提示される
  6. 予算内に近づいたことと、あと一押しあれば予算内に収まり即決すると担当の営業マンに伝える
  7. 担当の営業マンは一旦退席して、上司と相談
  8. 「今日限定の値引き額」ということを添えて、
    ビートル車両本体値引き額:20万円
    オプション値引き額:10万円
    =総値引き額:30万円が提示される
  9. Vさんの予算内にギリギリ達したため、Vさんはここでザ・ビートルを契約
ヒロシ
以上がVさんのビートル値引き交渉レポートでした。

ビートルは、競合車を用意しても意味がないとのタレコミ有…!

上記Vさんのレポートを拝見すると、普通であれば「競合車の見積もりを取っておいて競合させて、値引き額を上げる」といった方法が取れる所なのです。

しかし、ビートルに関しては、競合車になる車種がない(ディーラー側が意識していない)ので、この競合させて値引きさせるという方法はとれないとタレコミがあったのです。

つまり、Vさんの様な直球の交渉を粘り強くするのが、ビートルの値引きを行う唯一の方法だったのです。

ヒロシ
Vさん、グッジョブ!

 

ビートルの値引き額の相場とは!?

ザ・ビートル 値引き 相場

ここで、ザ・ビートルの値引き額の相場を調べてみますと、ビートル車両本体の値引き額としては0~40万円と幅はありますが、平均10万円前後で落ち着いているようです。

また、オプションに対する値引き額としては0~10万円と幅があり、平均金額はちょうど中間地点である5万円となっています。

なので、ビートルの値引きを狙うのであれば、値引き額の相場である15万円を目標に挑まれると、具体的な数字も把握できており交渉も行いやすくなるでしょう。

ビートルは値引きせずに購入している人が多い

上記で相場をご紹介させて頂きましたが、車両本体の値引き額の価格帯が0〜40万円となっているにも関わらず、その平均値が中間の20万円ではなく10万円になっている事から、全体的に値引きは少なめに購入されている事が伺えます。

そして、意外な事にビートルに関しては全く値引きぜずに購入されている方も多いのです。

ここは優しい方には難しい話かも知れませんが、ビートルはしっかり値引き交渉の意図を持って商談に挑まないと、ディーラー側から勝手に値引きの話をしてくれない環境という事がわかるでしょう。

値引き交渉でやってはいけない事

ビートル ターボ 値引き

ビートルの値引きに限定される話ではありませんが、ディーラーでの新車の値引きの際には、やってはいけない値引き方法が存在します。

よくある流れとしては、ある程度の値引きはOKをもらっても、それ以上の値引きに進もうとすると営業マンが少し路線を変えてくる事があります。

その代表例が、今乗っている車の下取りです。

今乗っている車をディーラーで引き取る代わりに、その車の下取り額分を追加で割引に回すという方法で、それだけを聞くと悪い話には聞こえないでしょう。

しかし、実はディーラーでの下取り額は総じて市場価格よりも低めに設定される事がほとんどなのです。

下取りよりも中古車買取で売るべし!

ディーラーでの下取りが市場価値よりも低いという事は、その低くなっている分だけ本来受け取れる金額よりも少なくなる事を指しますので、下取りは結構強めにオススメ出来ない方法となります。

なので、車の買い替えを考えている場合は、ビートル自体はそのまま下取り無しの値引きで購入の話を進め、今乗っている車に関してはシンプルに中古車買取に出すという方法が最適なのです。

そうする事で、下取り以上の価格で中古車買取店で購入してもらえますので、ビートルの割引総額は少なくなっても、最終的に手元に残るお金は多くなるのです。

ヒロシ
もちろん、中古車買取に出す際にもコツがありますので、事前にしっかりと予習しておきましょう!

↓   ↓   ↓

   

車の買取オススメ度ランキング!

1位:カーネクスト

カーネクストは廃車買取がメインですが中古車の買取も行っており、数少ない海外への輸出販路を所有している買取業者の1社です。そのため、車種によっては日本国内での買取よりも何十万も高額で買取ができる可能性を秘めているので、基本的にはガリバーとの同時並行査定がオススメです。なお、カーネクストの場合は訪問査定がないので、すぐさま査定が可能です。

2位:ガリバー

2位はダントツの安定感のあるガリバーです。最大手だけあって、その実績と安心感は群を抜いて高いです。買取価格に関してはズバ抜けて高い訳ではありませんが、安定した金額ですので、比較的状態の良い車をお持ちの方にはオススメです。ただし、高額査定にはコツが必要ですので、「詳細ページ」にてそのコツを確認しておきましょう。

3位:グー買取

第3位は、ツートップには及びませんが、実績も企業規模も十分と言えるgoo買取です。gooバイクなどでも活躍されている会社で信用度も高く、営業電話もない会社です。(訪問査定はあります)

-コンパクトカー

Copyright© Car Life Summary , 2020 All Rights Reserved.