買取

車買取の契約後のキャンセルって、期間が経ってなかったら出来る?

投稿日:

車を中古車買取に申し込みし、査定→契約と行なったが、いざ売るとなると色々と考えて「やっぱり売りたくない」と気が変わる事があります。

この場合、契約のキャンセルができる期間は何日間あるのか分かっていれば、ある程度有利に動く事ができるでしょう。

そこで、ここでは車買取の契約後のキャンセル期間についてご紹介いたします。

高値で買取させる方法

中古車を高値で買取してもらうには、買取実績の大きな会社に薄利多売をしてもらう必要があります。

つまり、以下の内容を実践する必要があるのです。

  • 中古車買取ガリバーを利用
  • 限界まで高値を出してもらう

しかし、ガリバーにはアプローチ方法を間違えると逆に安くなってしまうリスクもあるのです。

そこで!トーク力に自信がない方でも、自然と高額査定をさせる方法をご紹介いたします。

この方法で、少しでも査定額を上げていただければと思います。

向こうから査定額を上げさせる方法

基本的に契約後のキャンセル期間は0日

契約

それでは、車買取の契約後のキャンセル期間についてご紹介していきたいと思いますが、初っ端から希望をぶち壊してしまう内容になります。

というのも、契約後は基本的にキャンセルは不可能なのです。

「キャンセル可能期間」という表現で言うのであれば、0日となります。

ヒロシ
キャンセル可能期間、0秒とも言う。

なぜこのような非情な事になるのかは、しっかりと理由がございますので、次はその理由についてご紹介していきましょう。

 

キャンセル不可能な理由

キャンセルができない理由

それでは、契約後にキャンセルができない理由について見ていきましょう。

法的拘束力によるキャンセル不可

まず、一つ目の理由は法的拘束力によるキャンセル抑止が理由です。

通常、契約ごとにはクーリングオフという概念が存在していますが、これは自宅への飛び込み営業的な売買契約の場合のみに適用させられるもので、車関係の売買に関しては対象外となるのです。

車の売買となるとかなり大きな買い物となりますので、基本的に時間をかけて考えた上での売買契約となります。

しかも、買取の査定を出すのは自分からの申し込みとなりますので、訪問販売などとは大きく扱いが異なりますので、クーリングオフができないのです。

これにより、契約書を交わした瞬間からキャンセルが出来なくなるのです。

引き取り等の手配の関係

2つ目の理由としては、車の引き取りや引き取り後の対応の段取りを契約後、即手配している事が理由になります。

例えば、車の引き取りにレッカー車の手配が必要な場合であれば、先にレッカー車の予約を行う必要がありますので、買取業者側でもお金をかけて手配をされます。

他にも、買取店が自社で再販される場合や、全国の中古車店向けのオークションにかける場合は出品料や車の情報の登録費用などが必要になります。

なので、契約後にキャンセルを行う事で、これらの費用が全て無駄になってしまうのです。

人件費の関係

3つ目の理由としては、やはり人件費の問題でしょう。

車買取の査定申し込みの際に対応してくれるコールセンターのお姉さんや、査定に来てくれる査定員のお兄さんは、皆さんお給料をもらって働いてくれています。

おそらくスタッフの中にボランティアで働いている人は皆無でしょうから、全てにおいて人件費がかかっています。

なので、企業側からしたらそれら複数の人件費を使ってまで契約したものをキャンセルされると、その人件費が全て無駄になってしまうのです。

この問題はお客側からは見えにくい部分ですが、あくまでもビジネスとして運営されているという事を意識してあげましょうね。

 

例外的にキャンセルが可能なケース

キェンセルができる方法

とはいえ、時と場合と業者によってはそれでもキャンセルを受けてくれるケースが存在します。

元々がキャンセルNGの契約内容ですので、キャンセルが可能な場合といえども条件が付いてなかなかに悩ましい内容だったりますので、キャンセル可能な場合でも簡単に返事をしない方がいいような内容です。

キャンセル可能だが違約金が発生

まず、一つ目のキャンセルが可能になる条件としては、違約金の支払いが伴う買取のキャンセルとなります。

この違約金は、業者によって異なる可能性もございますが、一般的には3万円で設定されている事がほとんどです。

これは恐らく、前述でご紹介した各種手配の費用や人件費分の補填用として提示されている金額でしょうから、企業側の損失を相殺してくれるのであればキャンセルしても良いよ、という事なのでしょう。

ヒロシ
まぁ、妥当な金額でしょうね。

当日キャンセルに限りお情けで

2つ目のキャンセル可能な内容としては、もはや運次第となる内容で、担当スタッフのお情けによるキャンセルの許可のことです。

もちろん、契約から何日も経過している場合は無理でしょうが、当日のキャンセルであればまだ手配等が進んでおらず、業者としても現状損害が出ていない状態に限ります。

ヒロシ
日曜日の場合は、営業系が休みですので、キャンセルができる可能性は高いでしょう。

とはいえ、車を買い取って高く売ることで利益を出すビジネスモデルのですので、無料でキャンセルを受けることは企業側からすれば機会損失には繋がっていますし、何より査定員の人件費に関しては完全に無駄になってしまっています。

なので、お情けでキャンセルしてもらえる事は、普通ではなく超ラッキーな事態ですので、敬意を持って接するようにしましょう。

ヒロシ
気持ち的には敬礼してあげたいレベルですよ。

 

複数査定時にはキャンセル問題は特に注意

以上のことから、確定していない状態での安易な契約は行わないようにしましょう。

これに関しては、業者側での説明責任を放棄したような案内でもない限りは、基本的にはお客側に非のある行為ですし、良い事は何一つないので可能な限り契約は一度きりになるようにしましょう。

その上で、間違えて契約に進んでしまう可能性の高いシチュエーションとして複数査定がございます。

最後にそちらをご紹介して終わろうかと思います。

複数査定時は必ず各社査定に留める

車の買取を高値で狙おうと思った場合、多くの方が複数査定を行われる事でしょう。

これ自体は問題ないのですが、契約後のキャンセルが出来ない事を知らないと、査定を行った各社に対して一旦契約して後からキャンセルで断るという暴挙に出てしまう可能性があるのです。

これは、よくある営業トークに「今日契約ならプラス数万円」というものがあり、この特典を一旦受け取っておきたいという心理から、こういった複数契約に及んでしまう方がいるのです。

これは確かに魅力的な内容ではありますが、違約金1社分で吹き飛んでしまうレベルの金額ですし、何より複数車に対して違約金を払うと、最悪の場合買取額を含めてもマイナスになってしまう危険があります。

なので、複数社で検討される場合は、必ず査定額の提示を行なった後は「一旦保留」と伝えるようにしましょう。

ヒロシ
もちろん、ずば抜けて高い査定額が出た場合は、その場で契約してしまっても良いですが、その場合はその後に予約している査定は訪問査定自体をキャンセルしておきましょう。

契約は査定額が出揃ってから1社にだけ

最後のまとめになりますが、複数査定を行う場合は一旦は各社の査定額が出揃うまでは、どんなに魅力的な特典があったとしてもグッと堪えましょう。

そして、最後に一番高い査定額を出している業者と買取の契約を行うようにしましょう。

なお、この複数査定による高額査定の手法にもコツがございますので、最大3社だけでMAX査定額を狙いたい場合は以下にまとめた方法もご参考にしていただければと思います。

↓   ↓   ↓

   

車の買取オススメ度ランキング!

1位:ガリバー

一位はダントツでガリバーです。最大手だけあって、その実績と安心感は群を抜いて高いです。買取価格に関してはズバ抜けて高い訳ではありませんが、安定した金額ですので、比較的状態の良い車をお持ちの方にはオススメです。ただし、高額査定にはコツが必要ですので、「詳細ページ」にてそのコツを確認しておきましょう。

2位:カーネクスト

カーネクストは廃車買取がメインですが中古車の買取も行っており、数少ない海外への輸出販路を所有している買取業者の1社です。そのため、車種によっては日本国内での買取よりも何十万も高額で買取ができる可能性を秘めているので、基本的にはガリバーとの同時並行査定がオススメです。なお、カーネクストの場合は訪問査定がないので、すぐさま査定が可能です。

3位:グー買取

第3位は、ツートップには及びませんが、実績も企業規模も十分と言えるgoo買取です。gooバイクなどでも活躍されている会社で信用度も高く、営業電話もない会社です。(訪問査定はあります)

-買取
-,

Copyright© Car Life Summary , 2019 All Rights Reserved.